食事やマッサージだけでは解消できないむくみに

 一日中立ちっぱなしで、仕事が終わって帰るときには、ふくらはぎがパンパン。お酒を飲んだ翌日なんか朝からむくんでる。そんなこともありますよね。
 夏場は冷房がきつくて、汗をかきにくいのに、水やジュースは飲むから、どんどん水太り。
 おかげで毎年夏痩せじゃなくて、夏太りしています・・・。
 運動不足なわけじゃないので、足はけっこう筋肉質で、おまけに静脈瘤までできちゃいました。職業病ですね。

 

 わたしは看護師なので、立ち仕事とはいえ、運動量はけっこう多いと思います。それでもむくんでるっていうことは運動だけではむくみは解消できないんですよね。
 そんな私が、日々むくみ解消のために実践していることを紹介していきたいと思います。

 

流行りのむくみサプリって効果あるの?

 人ぞれぞれですが、特に汗をかきにくい人、水分がとりすぎ気味の人は効果があります。
 簡単にいうと、水分を外に出しやすい成分が入ってるんですが、飲む場合にはちょっと注意が必要です。
管理人TAKAKOが飲んでいるむくみ解消サプリはこちら

 

むくみサプリの副作用とメリロートの入っていないサプリ選び

 

 

立ち仕事はなぜ足がむくむ?

 むくみ解消のためには簡単に、むくみの原因を理解しておいたほうがいいですね。
 まず、なんで立ち仕事の人が太ももや足がむくむかというと、同じ姿勢を続けているからです。これは、立ちっぱなしの人だけではなく、デスクワーク中心の座りっぱなしの姿勢が多い人も共通ですね。
 同じ姿勢を続けていると、水分が重力の加減で下がっていくので、下半身に水がたまりやすくなります。体を動かしていれば、それが軽減されるのですが、同じ姿勢が続くと血液やリンパの流れが悪くなります。特に、太ももの付け根は太い動脈が通っているので、そこの血流が悪くなると腰痛やひざ痛の原因にもなるので、マッサージの場合は、肩・腰とともに足の付け根の部分ももんであげるのが効果的です。

 

立ち仕事に効く!ふくらはぎのむくみ解消マッサージ

 

このサイトは自分自身毎日の足のむくみに悩む現役看護師が、足のむくみをとる方法を紹介するホームページです。
女性は足がむくみやすい人が多いですが、中でも一日中立ちっぱなしで仕事をしているという人はむくみに悩んでいるものです。
ナースや医療関係者の他に、美容師、販売員、飲食店店員さんなど、意外に立って仕事をしているという人は多いですよね。
一日の仕事が終わったら足がパンパンにむくんでいて、靴が履けないなんていうこともあるんじゃないでしょうか。
ふくらはぎだけではなく、足全体にセルライトがつきやすくなたり、ほうっておくと水分の重力で顔にしわができやすくなったりします。そうなっては取り返しがつかなくなりますものね。
マッサージに行く人などはリンパを流すということもやっているでしょうね。血流の改善が大事になってきますからたしかに効果はあります。
でもそれだけではなかなかがんこなむくみはとれません。やっぱり睡眠や食事の改善も大切になってきます。
王道のリンパマッサージなどをやりながら、むくみに直接的に作用する方法について、わかりやすく解説していきたいと思いますので、参考にしてください。